*

重要事項がたくさん

特定調停による処理も任意整理による解決と同じく、それらのお金の貸し手に対し返金を継続することを選択する借金を整理する形のことをいいます。

言い換えるなら裁判所がやる借金整理といえます。

 

この手順も任意整理による解決と同じように、自己破産と異なり一部のお金のみを整理することができますので、他の保証人が付く契約以外だけで手続きをしていく際や自動車ローン以外で整理をしたい場合なども用いることも可能になりますし築き上げてきた財産を放棄してしまう必要がないので、クルマや住宅などの個人資産を保有していて、手放してしまいたくない状況でも活用可能な借金整理の手続きです。

 

いっぽう、手続き後返済する額と実際の収入を比較検討しておおむね返済の目処が立つようである場合は特定調停の手続きで進めるほうが良いといえますが、破産宣告と異なり返済義務が消滅するという意味ではありませんので、元金の金額がかなりになる状況の場合、実際問題として特定調停による方法を取るのは困難であるということになります。

それから、特定調停は裁判所という機関が中に入るので弁護士事務所などに関わってもらわなくても不利になってしまうようなことはないということや処理のための費用を削減できるというポイントは魅力的ですが貸方からの催促に対して債務者本人が応対していくことになる点や管轄の裁判所に何回か足を運ぶことが求められるなどといった注意点もあります。

くわえて、任意整理による解決と比較してみるとこの方法により同意が得られないときには借入利息をすべて付けた額で振り込んでいかなければならないといった点や債権者に払う合計が任意整理による方法に対して高くなってしまう傾向があるといった覚えておきたい点もあります。

 



コメントする


株式投資

エリア情報

クレジットカード

レンタルサーバー

中古車査定

人材紹介

出来事

エンタメ

インターネット

ビジネス

ホビー

マスコミ