*

様々な国のせめぎ合い

コンピュータの画面の前に座り、絶えず変動している為替レートを眺めていると売買をしたいという抑えようのない気持ちに煽られる人も多かったりします。

 

でも、あやふやな直感でトレードすることだけは決してしてはいけません。

 

事実、外国為替相場は四六時中どういう時でもいずれかの国の為替市場がやっているしマーケットも、変動している。

 

しかし、だからといって頻繁に売り買いを繰り返していると、その回数だけ損失が生じる率が高くなります。

 

もちろん、注文の回数を経験することによって次第に利益を上げられる可能性が半々になります。

 

でもこの事は「はっきりしないアイデアでエントリー」とは別の問題です。

 

トレード回数を積む事の意味は自分自身が「ここはいける」と思いついた時機を得たケースでのトレード回数を重ねるという事です。

 

格段の理由がなく、絶え間なく売り買いを繰り返すのとはかなり異なります。

 

外国為替相場の駆け引きに臨むには、白分で思案して緩急をつけることが必要です。

 

「ここは!」と思い至ったマーケットの時にはいっそ所持ポジションを多くして、利益を追求します。

 

「分かりにくい市場で、どう変化するのかわからないな」と感じたならば思い切って所有ポジションをすべて諦めて何もしません。

 

それくらいのメリハリがあったほうか、最終的に売り買いは儲けられます。

 

相場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

まさに言葉どおりだと思います。

 

外国為替相場とはいつもポジションを所持する事が重要ではなく、どのポジションも所有せずじっとしていることもまたFXです。

 

それならば、どういった時に休む必要があるのでしょうか。

 

第1に言われるのが先述した通り、今の為替相場がしっかりと良く見えない時です。

 

これから円高になるのか、それとも円安になるのかが明確でない時は思いつきで行動すると、自身で作り上げた筋書きとは違った方向に外国為替相場が推移してしまい、損してしまいます。

 

そのため、そんな場面ではポジションを減らして、そのまま静観しているのが唯一出来る事です。

 

次に、自身の体の具合がよくない時です。

 

コンディションと為替相場に関係がない感じる方もいると思いますが実際には思いのほかつながりがあります。

 

体の具合がよくなければ為替相場の重要なところで冷静な決断を下すことができません。

 

気乗りがしない時は相場から目をそらす事も大事な事です。

 



コメントする


株式投資

エリア情報

クレジットカード

レンタルサーバー

中古車査定

人材紹介

出来事

エンタメ

インターネット

ビジネス

ホビー

マスコミ