*

正確に言うと

FX取引の経験の浅い方が相場の勘所を捉えるためには最初に取引経験を積み重ねていく事が大事です。

 

特に、先にリスクを回避できるようにするには、失敗をすることも経験のひとつです。

 

ただし、ミスをするといっても持ち直せないほど致命的な負けをする事は問題外です。

 

やり直しが効く過ちを数度重ねる事が、結果的に自分自身の経験値を高めてくれるはずだ。

 

これを考えると、まず初めは少額資金でトレードを行ないこれによって数回小さなミスをすることが大切です。

 

例えとして、100万円だけしか投資資金がない状況ではじめに全部つぎ込んでトレードするとマイナスになった時、金輪際立ち直れなくなってしまう心配があります。

 

それよりも、一例として資金の1割ずつ分けてトレードを行ないこれで売り買いを積み重ねた方が段々と損を補う方策なども覚えるはずです。

 

はじめにわずかなお金でトレードする事の利点は、先に書いたように自分自身の経験を増やし、負けを減らす技術を身に付けていく事にありますがそれと一緒に、注文の回数を増やして、偶然性を減らす事ができるという長所もあります。

 

例として、1度のエントリーで儲けられる確率が5割だとします。

 

すなわち、同じ条件で損する危険性もあるということになります。

 

勝率50%ということは半々の比率でプラスになる事を意味しています。

 

しかし、全てを注ぎ込んで1度だけのトレードをするということははっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

 

そのままでは1度だけの賭けと同じです。

 

要するに、全財産を投資して1回こっきりのトレードしないとそれだけでは損が生じる割合が高くなります。

 

だから、お金を全額投資するのではなく、いくつかに分割して投資経験を積み重ねる事がリスクコントロールとなります。

 

何度かに分けたとしても、全部にプラスにする事は必須ではありません。

 

正確に言うと、勝利できないのが現実です。

 

大事なのはいくらプラスに出来るかです。

 

勝率が同じでも、仮に勝率5割以下でもプラスにする事は出来ます。

 

それ以上負けてもその損益が少なければわずかな勝利のプラスの大きさだけで十分に利益を上げる事が出来ます。

 

それには、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損益が出たら素早くロスカット注文して、反対に稼げる時はなるべく大きく稼ぐ事が、FXの経験の浅い方が外為取引で利益を上げる極意といえる。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 正確に言うと
  2. マーケット


コメントする


株式投資

エリア情報

クレジットカード

レンタルサーバー

中古車査定

人材紹介

出来事

エンタメ

インターネット

ビジネス

ホビー

マスコミ