*

マーケット

現実にノートPCの前で休むことなく変動しているマーケットを見ていると売り買いをしなくてはいけないという抑えようのない気持ちに追い立てられる状況も多かったりします。

 

だが、ぼんやりした衝動でエントリーすることは断じてしてはいけません。

分かっていると思いますが、マーケットは年中いつでもどこかで為替相場が変動しているし市場も常時上がったり下がったりします。

 

しかし、考え無しに売買をしているとその回数だけ損をする危険性が上がってしまいます。

当然、売り買いの回数を積む事でだんだんと勝利する確率が50%、50%になるのは事実です。

しかしこの事は「なんだか分からない勘で売買」してしまうこととは別の話だ。

 

取引回数を積む意味というのは、「ここは!」と感じた感覚を得られた場面での売買回数を積むという意味である。

 

理由がなく、絶え間なくエントリーを繰り返すのとははっきりと違う。

外国為替市場の戦いに敗北しないためには意識的にけじめをつけることが大事です。

 

「ここは!」と思い至った市場の時には迷わず所有ポジションを買い増して意識して利益を追い求めます。

「少し頭をかかえるマーケットでどう動くのか予想できないな」と考えた時は、思い切って売買ポジションを全部閉じて放置します。

これくらいのテンポでやった方が最後にはエントリーは勝てます。

 

為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

 

本当に言葉どおりだと感じます。

 

為替とは、いついかなる時でも売買ポジションを持っていることがすべてではなく何も持たずに待っている事も場面によっては、取引です。

 

では、いつ休む必要があるのでしょうか。

第1に考えられるのが、前に述べたように、現在の市場がよく見えない時。

 

そこから上がるのか下がるのか判断できない時は間違って判断すると、自分の考えたストーリーとは逆の方向に為替相場が動いてしまい、損をする事になります。

 

そのため、こんな場面ではポジションを諦め、何もしないで様子をみるのが最善の策です。

次に、己の体調がよくない時です。

 

体の具合と外国為替相場に関係ないと思う人もいますが実際には影響を与えます。

 

コンディションが思わしくなければ、外国為替相場の大切な局面で正しい決定をする事ができない。

 

気乗りがしない時は、トレードから距離を置くことも肝心な事です。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 正確に言うと
  2. マーケット


コメントする


株式投資

エリア情報

クレジットカード

レンタルサーバー

中古車査定

人材紹介

出来事

エンタメ

インターネット

ビジネス

ホビー

マスコミ