なぞローン

人気記事ランキング

ホーム > 借金の返済 > 借金の返済終わったー

借金の返済終わったー

私は学生時代に奨学金として合計260万円、利子も合わせると300万円するかしないかという金額を借りていました。結論からお伝えしますと、それを4年で返済することとなります。もちろん最近話題になっている奨学金の踏み倒しを行う事は全く考えず、毎月3万円程コツコツと返済する予定でした。ただ、借りた合計金額である300万円を返済するためにこのペースですと10年ほどかかってしまいます。ですので、なるべくならペースを上げて返済したいと思っていました。新卒時に就職した法人の初任給は20万円を少し切る程度で、昇級ペースもゆっくりでしたので毎月3万円を払うだけで精一杯でしたので「全然貯金できないな」と逆ギレまでする始末です。そんなこんなであくせくしながら一年半、金額にして60万円程の返済が完了した時に転機が訪れるのです。  それは転職です。新卒時に入社した会社は所謂中小企業で、残業は全てみなし残業でしたので、毎月同じだけの金額を頂き、ボーナスも大してありませんでした。しかし転職した会社は中堅企業であり、残業代も全額支給である上に基本給まで上がりました。ですので、一気に奨学金の返済と貯金が両立出来るくらいの収入を得ることとなります。  そのことで今まで考えていただけで実行できていなかった奨学金の返済の前倒しが一気に進むことになります。実家暮らしということもあり、毎月3万円返済すると同時に5万円程の貯金も毎月できるようになりました。そこから約2年、返済を毎月行いながらも5万円程の貯金は継続しておこない、ボーナスも合わせて150万円の貯金が出来たのでようやく先月の末日に奨学金の返済が終了しました。  最近の景気が悪いこともあり、返済できないと嘆く方が多く、それを社会のせいにしている方も多く見受けられるのですが、自己責任ではないかと思います。自分には借金があると頭に入れることができれば、簡単に返済できますし、返済は当たり前です。  日本学生支援機構が返済の踏み倒しの多さから回収を強化すると言う方針をとったり、奨学金の返済がキツすぎてと社会に不満を抱く若者の声が大きい中、私みたいにきちんと返済したという方も当然いるという事をお伝えしたく奨学金の返済について書かせて頂きました。

疲れがとれない